エッチな意味とは違う、「お仕事」としての風俗の苦労や喜びを考えるサイト

>

風俗業の「苦労」「大変さ」って?風俗を仕事として考えるサイト

風俗業全般の概要

「風俗」という職業の範囲から説明を始める事で、このお仕事への理解を深めて頂きます。
まず「風俗」と一言で言っても、法律(風俗営業法)では「風俗営業」と「性風俗関連特殊営業」の2種に大別されます。

「風俗営業」とは、キャバクラやホストクラブ、パチンコやマージャン店、ゲームセンター等を含んでいます。未成年の入場を規制しなければいけない類の店舗がそれにあたります。
もう一つの「性風俗関連特殊営業」が、このサイトで採り上げる範囲です。
浴場業、マンションヘルス、ラブホ、アダルト用品店、出張ヘルス、アダルト用品の通販などが含まれます。
テレフォンクラブはちょっと違う「電話異性紹介営業」というカテゴリにされています。

これらの業種は、全て無許可で運営する事はできません。
各都道府県の「公安委員会」に営業許可を出して、受理されて、初めて営業できます。

風俗業の様々な業種

次に、その「性風俗特殊営業」という業種が、どのように細分されているのか、それを紹介させて頂きます。
基本的には「お店の出し方」で分類がされています。

・無店舗型(派遣型とも言ったりします)
デリバリーヘルス(本番(性交)無しの性風俗店をヘルスと言い、ホテルなどでお客と待ち合わせ、そこでサービスを提供するタイプ)、アダルトグッズの通販、アダルト(動画)サイト運営はこちらに含まれます。

・店舗型(ビルの一角などに店舗を構えてそこでサービスを行う)
マンションヘルス、ストリップ劇場、ラブホ、アダルト系の用品販売、出会い喫茶など。
浴場業(ソープランドの事です。売春は法律で禁じられているため、浴室付きの個室で、客と相手が自分の意志で性交するという建前になるよう、店舗型であることが必須条件)


この記事をシェアする